FC2ブログ

TOP

お知らせ

 2008年11月14以前の個別記事リンクが全てズレています
 ご迷惑をお掛けして申し訳ございません


 TOP絵頂きました、ありがとうございます

ヘッドライン

2ちゃんねる 

その他 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--(--) --:--:--] | スポンサー広告 このエントリーを含むはてなブックマーク

  恋空にあってはいけないこと  

1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/06(火) 22:08:02.98 ID:yJApp/3z0 
【妊娠中の方 来院した理由に○をつけて下さい。
①出産する
②中絶する
③そう かんけいないね】 





3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/06(火) 22:13:33.11 ID:jYl9NItFO 
ヒロ「ビッチうめえ」 



4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/06(火) 22:16:58.37 ID:yJApp/3z0 
文化祭で歌った曲がメタル 



6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/06(火) 22:19:17.68 ID:KK9aAPXaO 
みんな常識人 



9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/06(火) 22:21:27.54 ID:khi/wzGIO 
美嘉よりアヤがモテる 



12以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/06(火) 22:25:13.52 ID:yJApp/3z0 
そんな中…
君に出会った。

このまま平凡に終わるはずだった美嘉の人生は、
君に出会ったことによって変わっていく…。


                         ~恋空 END~ 



13以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/06(火) 22:27:49.19 ID:jYl9NItFO 
おお ヒロよ

しんでしまうとは なさけない 



15以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/06(火) 22:29:35.41 ID:f8OMoufI0 
「あ~!!超お腹減ったしっ♪♪」

待ちに待った昼休み。
美嘉はいつものように
机の上でお弁当を開く。

学校は面倒。

だけど同じクラスで仲良くなったアヤとユカと一緒にお弁当を食べるのが唯一の楽しみなのだ。

いつものように
美嘉とアヤとユカの三人は
もくもくとお弁当を食べていた。

食事の時って無言になるのはなぜだろう。

その時教室のドアがガラガラと音をたてて開き、

それと同時にポケットに手を入れた一人の男が三人のもとへと
近づいて来た。


瞬間。
「くっ……」
突然わたしの左眼に痛みが走る。
その男の放つオーラがわたしまで届き、この左眼の
”邪気眼”と共鳴したのだ。

「……貴様、”邪気眼”を持つものか?」 



18以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/06(火) 22:30:56.37 ID:jYl9NItFO 
>>15
続きが気になるwwwwwwwwww 



23以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/06(火) 22:33:25.51 ID:aTBFYvvr0 
>>15
続きの内容によっては買ってもいいww 



27以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/06(火) 22:38:42.14 ID:deL9FpeRO 
>>15に期待age 



28以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/06(火) 22:40:40.34 ID:f8OMoufI0 
「……」
答えはない。しかし十中八九”味方”ではないだろう。

万が一にそなえ、手に持つフォークに強化の呪術を
かける。倒すことはできないにしてもこの場をやりすごす
くらいならば……

その男は三人の前に立ち止まり、
軽い口調で話し始める。

「こんちわ~!俺の名前はノゾム。隣のクラスなんだけど~知ってる?」

ノゾム……氷術使いのノゾムか!?
数年前、この街を荒らしまわった吸血鬼の真祖……

“ノゾムに気をつけろ!”

“ノゾムに狙われた女は逃げられない”

そんな話を聞いたこともあったっけ…。

「なんのようだ?やりあうなら外に出よう…」

促し、席を立つ。 





29以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/06(火) 22:41:39.21 ID:dIHaiv+m0 
>>28
ちょwwwww
wktk 




30以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/06(火) 22:41:45.81 ID:yJApp/3z0 
>>28
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 



33以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/06(火) 22:44:09.12 ID:sdTKerCuO 
今日は寝られない 



37以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/06(火) 22:49:25.92 ID:uPwWL3nZO 
なんというスレに出会ってしまったのかwwwwwwwwwww 



38半角カタカナメンドクセ :2007/11/06(火) 22:50:26.83 ID:f8OMoufI0 
「ふん……今日は貴様に用があるわけではない」

すれ違い様にノゾムがささやく。

「なっ……!?」

ノゾムはアヤとユカに向かい

「あれ~無視?俺と友達になってよ♪番号交換しようぜ!」

そういった。ふっ、バカめ。アヤもユカも闇に身を置く者だ
そんな挑発に乗るはずがない……

「えぇ~どうしよ。まぁいいよ!交換しよ♪」

沈黙の中、
突然言葉を発したのはアヤだ。

「なっ……!?」

驚愕する。何を考えているんだアヤ!?

アヤが笑顔でノゾムと
番号交換をしている。信じ難い光景…。

ノゾムが満足げに教室から出て行くのを確認し、
アヤに問いただした。

「なんであんな軽そうな男に番号教えるの??痛い目見るよ?!」 




39以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/06(火) 22:51:25.67 ID:yJApp/3z0 
>>38
うめぇwwwwwwwwwwwwww
もう連載しちまえwwwwwww 



48この物語は恋からのパロディです :2007/11/06(火) 23:03:05.99 ID:f8OMoufI0 
「ふ……痛い目を見るのはノゾムのほうだ……。ワタシが
あの男を倒してみせる…」

アヤは不敵に笑う。

「勝算は……あるのか?」

「ああ……”神殺しの剣”を使ってな……」

「”神殺しの剣”!手に入れていたのか!?」

”神殺しの剣”……世界中にその伝説はあるが本物が
確認されたことはない幻の剣……

「ああ……間違いない。昨日もそれで死神を1匹葬ったよ…」

確かにアヤから微かではあるが血の臭い……

「だから今は楽しいんだよ……生きてるものを壊すのがね!
はははははははははははははははははははは!!」

発狂したかのように笑い出す。

ワタシでも今のアヤは止められない…
 



51以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/06(火) 23:06:36.15 ID:f8OMoufI0 
ちょっと風呂入ってネタ考えてくるわ 



52以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/06(火) 23:07:08.77 ID:DWUQzc+h0 
いってら~ ノシ 



57以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/06(火) 23:17:45.59 ID:bdnk907s0 
これは期待wwwwwwwwww 



58以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/06(火) 23:18:51.81 ID:ZRcyHGoDO 
このスレの為に恋から原作読みつつ保守 



61以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/06(火) 23:25:47.74 ID:f8OMoufI0 
学校が終わり、
家に帰って部屋でごろごろしながらテレビを見ていた。

その時…

♪プルルルルル♪

部屋に鳴り響く着信音。

しかも登録してない
知らない番号から…。

誰だろう??

相手を探るよう出る。

『もしもし…??』

『もしもし…ミカちゃん?ノゾムだけど』

『なっ…!?』

なぜワタシの電話番号を知っていいる!?

『…なんのようだ?』

冷静を装い答える。

『ごめん、アヤちゃん殺しちゃった』 



65以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/06(火) 23:31:19.34 ID:0C2I8Nrz0 
>>61
wktk 



66以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/06(火) 23:32:09.97 ID:yPr6J5IU0 
>ごめん、アヤちゃん殺しちゃった

この発想はなかったwwwwwwwwwwww 



69以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/06(火) 23:37:32.15 ID:f8OMoufI0 

放課後の学校の校舎。ここに今日の標的を呼び出した。
日が陰りはじめ、ワタシには絶好の状況。

「”神殺しの剣”の前では吸血鬼の真祖だろうと
死を受け入れねばならないそのことが判っていて
来たんだろうな…ノゾム……」

ドアの閉まる音。そして、禍々しい気配。ノゾムがやってきた。

「ほう…”神殺しの剣”…形状から見て日本刀…”草薙の剣”か。
少々厄介な代物だな…」

表情は変えず、不敵な笑み。

「……命乞いなら今のうちだぞ」

「命乞い?それは貴様のほうだろう?神殺しの剣を持とうが
闇の力を持とうが真祖である俺に勝てるはずがない」

「さて…それはどうかな…?」

剣を構え間合いを詰める。 




71以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/06(火) 23:38:17.25 ID:0C2I8Nrz0 
もう濃いそら関係ねえwwwww 



72以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/06(火) 23:38:49.45 ID:/+8nzLf70 
wktkとまんねーwwwwwwwwwww 



75以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/06(火) 23:40:06.24 ID:jp3Cylsv0 
>>69
もう原作のスイーツ(笑)小説はどうでも良いから
これを映画化しろw 



82以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/06(火) 23:52:32.83 ID:f8OMoufI0 
10メートル、5メートル、3メートル……

近づくほどに相手の表情が鮮明に見えてくる。
しかし、ピクリとも動かない不敵な笑み。

よほど自信があるのか、思考を読みとられまいと
しているのか……

どちらにせよ……

頭にきた。

「うおぉぉぉぉぉ!!!」

気合とともに突っ込む。しかしノゾムは瞬時に
左に飛んでよける。

しまった…右利きのワタシには左は死角!

「ちっ…」

ノゾムが体勢を立て直す前に後転の要領で後ろへ。
再び向かいあう。

ワタシとしたことが……感情にまかせて相手に斬りかかるなど
初心者のような真似を……

呼吸を整え、相手を見る。
依然変わらないノゾムの表情……
だがもう過ちは犯さない…… 



86以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/06(火) 23:55:19.01 ID:jYl9NItFO 
原作越えワロタwwwwwwwwww 



87以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/06(火) 23:59:31.12 ID:u0CEJ+Y10 
これはwkkwwwwwwwwwww 



90以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 00:05:15.54 ID:p8a+fIHR0 
「どうした?怖気づいたか?」

明らかな挑発。

「……」

ノゾムはポケットに手を突っ込んだまま。
はたからみれば隙だらけそのものだろう。
否、それはあいつの超人的な反射速度によって
ほとんど隙といえるようなものではなくなっている。

しかも、なにか武器を隠し持っているかもしれない。
持っていないとしてもブラフ……つまりははったり
としても有効である。
そのため、攻撃を仕掛けるのは今の時点では危険
すぎる。

「……」

長い沈黙。お互い一歩も動かない。

「……ならばこちらから行くぞ」

ノゾムがポケットから手を出す。
その手には……何も持たれていない。

これならば射程距離ではワタシが有利。
剣を使い、牽制するように刃先を動かす。
 




94以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 00:18:01.74 ID:p8a+fIHR0 
しかしノゾムはそんなものまるで
ないかのように近づき……

消えた。

「なに!?」

気づいたときにはワタシの目の前。

      シヴァン・ドライブ 
「氷術……氷のくちづけ」

近距離からの低級呪文。低級呪文といえどこの距離
では首がふっとぶ。

しかし……

草薙の剣が輝き、それを無効化する。

どうにか距離を元にもどすため、また後ろに下がる。

「ほう……魔力の無力化もできるのか。本当に厄介だ」

再び同じ間合いをとる。 





97以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 00:19:43.84 ID:lhrLjhuw0 
シヴァンドライブwwwwwwwwwww 



99以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 00:20:15.82 ID:9/ALgDLu0 
シヴァン・ドライブwwwwwwwwwww
これはいいwwwwwwwwwwwwwww 




100以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 00:21:33.27 ID:R4X/Tjg90 
シヴァン・ドライブをググってもなにも出てこなかった。
こいつぁ本物だ・・・
 



96以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 00:19:15.28 ID:aFT3VKcY0 
な ん の 小 説 だ よ w w w 



101以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 00:22:33.90 ID:2iGWqLz70 
>>96
どっからどうみても恋空だろ 



102以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 00:24:37.77 ID:mhXMHqEO0 
>>96
映画化もされたあの「恋空」知らないのかよ・・・ 



106以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 00:27:38.44 ID:p8a+fIHR0 
冷や汗が流れる。

もう少しで殺されるところだった…
しかもあの速さ…

どうすればいい……

答えはひとつ。同じペースで攻め続けること。
あの瞬間移動のようなものはまさしく、瞬間的な
もの。使わせる暇を与えない。そして機を見て…

魔眼を発動する。

それしかない。


……
………
「うおぉぉぉ!」
何度も剣を振るい、ノゾムを追い詰める。
しかし、そのたび右へ、左へ、上へよけ、屋上を
駆け回る。

「…逃げてばかりじゃないか」

今度はワタシから挑発。

「そうだな…そろそろ終わらせよう」 




109以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 00:31:48.72 ID:9/ALgDLu0 
魔眼クルwwwwwwwwwwwww 




110以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 00:37:12.07 ID:gau/oxaZ0 
なんて切ない恋なんだ 



114以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 00:40:25.46 ID:AhNXPe1KO 
こっちの方を映画化するべきだな 



117以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 00:43:16.03 ID:xdJL2htp0 
これはwwwwww 



118以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 00:43:28.64 ID:T4knGWMo0 
保守 



120以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 00:45:40.17 ID:p8a+fIHR0 
ノゾムがさきほどと同じように
ポケットから手を出す。

奴が攻めに転じる。今しかチャンスはない!

眼を閉じ、魔方陣を思い描く。

二重の円。中心に悪魔を表す6という数字。

小さな円と大きな円の間の左がわには
竜を表す星を。

右がわに神を罵る逆十字を。

ノゾムが近づいてくる。1歩、2歩、3歩……そして

魔眼の射程距離に入った。

眼を開き、イメージした魔方陣が眼に刻印された。

中心を相手に合わせ……

「魔眼……発動!!!」

「なに!?」
     マスターオブパペッツ
「魔眼、命を弄ばれる操り人形!!」 




123以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 00:48:06.14 ID:R4X/Tjg90 
マスターオブパペッツwwwwwwwww
糞ワロタwwwwwwwwwwwww 



126以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 00:51:01.23 ID:KokTBzaTO 
マスターオブ パwペwッwツwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 



127以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 00:51:37.71 ID:lhrLjhuw0 
これは本格的 



128以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 00:54:00.03 ID:zXMzSfuv0 
ID:p8a+fIHR0の文体のせいで、俺の邪気眼が共鳴してる 



130以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 00:57:56.25 ID:p8a+fIHR0 
ノゾムの体が宙に浮く。

視えない魔力の糸がそうさせているのだ。

「これが貴様の魔眼の力か!」

「そのとおりだ。ふふふ、まさに手も足も出まい。
では、さらばだ」

剣を振り上げる。

「くっくっくっ」

「…何を笑っている!?」

「俺がこの程度抜け出せないとでも?」

「なにっ!?」

言ったとおり、ノゾムは魔力の糸の束縛を逃れたかのように
目の前から消える。

気づいたときにはワタシの体を手が貫いていた。
後ろを振り返るとノゾムが笑っていた。

「ぐはぁ!」
吐血。あふれ出る血液と水。不快感、憎悪、恐怖。

「き、貴様……」 




131以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 00:59:23.02 ID:lhrLjhuw0 
チャラ男つええwwwwww 



135以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 01:01:08.68 ID:+RI5fzs9O 
ノゾム戦で一章終わりそうだなwwwwww 



136以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 01:05:07.36 ID:R4X/Tjg90 
さぁどうでるか・・・ 



137以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 01:06:15.65 ID:p8a+fIHR0 
「終わりだな……」

さらに深く手をめり込ませる。

「ぐっ……うっ……」

貫いた瞬間より痛くない。ワタシの感覚が麻痺してしまった
のだろうか……

体の力が抜けワタシの手から剣がすべり落ちる。

ああ…だめ……それがないと呪術の無効化が……

それがないとそれがないとそれがないとそれがないと
それがないとそれがないとそれがないとそれがないと
それがないとそれがないとそれがないとそれがないと
それがないとそれがないとそれがないとそれがないと
それがないとそれがないとそれがないとそれがないと

ワタシは殺される。

「だめええええええええええええええええええええええ!!」

絶叫し、剣にすがりつく。

「死にたくない死にたくない死にたくない……」

「…無様だな」 





138以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 01:08:46.09 ID:Ppzz8aDnO 
カオスになってまいりました 



144以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 01:15:13.92 ID:R4X/Tjg90 
もう書籍化と映画化同時にしてくれ 



146以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 01:22:05.23 ID:p8a+fIHR0 
「痛いのはイヤ痛いのはイヤ痛いのはイヤ…」

喋るたびに吐血する。だがそれでも繰り返し
続ける。

「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい…」

「ならば死ぬときはせめて痛くないようにしてやろう……」

ノゾムは剣からワタシを引きはがし投げ捨てる。

「かはぁ!」

もう意識はほとんどない。なんとか視えるのは近づいてくる
ノゾムの足もと。

立ち止まる。

「さらばだ……」

「寒き極寒の地の氷の女神よ、我に力を与えたまえ…
言葉は氷柱、氷柱は剣…身を貫きし氷の刃よ、今嵐となり我が障壁を壊さん…」

ワタシは理解した。ワタシはもう死ぬ。
それはノゾムが伝説の大魔法の詠唱を始めたからだ。
さようなら、父さん、母さん…ミカ、ユカ…

エターナルフォースブリザード
「永遠力暴風雪」 



149以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 01:23:10.04 ID:lhrLjhuw0 
エターナルフォースブリザードは熱いぜ 



150以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 01:24:32.80 ID:+RI5fzs9O 
出たwwww最強厨二魔法wwwwwwww 



157以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 01:32:25.30 ID:p8a+fIHR0 
ミカは夜の街を走る。

「アヤはどこだ!?」

戦いを行ったなら魔力の残留があるはず。

アヤ…



『殺したって……!』

『正確にはもしかしたらまだ生きてるかも知れないけどね。
魔力耐性が強くってビックリしたよ。草薙の剣の力の一部を
取り込んだんじゃないかな。本人も気づかないうちにね』

『どこにいる!?答えろ!!』

ツーツーツー……

電話が切られる。

『…アヤ!』 





158以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 01:35:12.45 ID:UCWaNStuO 
wktk 



163以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 01:42:33.62 ID:N/TZji58O 
熱すぎるwwwwww 



164以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 01:43:15.70 ID:p8a+fIHR0 
学校の前にさしかかったとき

「・・・!!」

魔力を感じる。しかしこれが残留なのか?
どう考えても熟練の術者ひとりぶん
近くの魔力を感じる。

「アヤ…」

学校の中へ。1階からしらみつぶしに探していく。


……
………
屋上まできた。ここにいなかったらアヤは…
金属製の重いドアを開ける。

そこに横たわるボロボロの人物。

「アヤ!」

すぐさま駆け寄る。

「アヤ!しっかりしろ!アヤ!」 





165以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 01:46:50.86 ID:R4X/Tjg90 
ゴクリ・・・ 



166以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 01:46:53.53 ID:dsb0Qj/m0 
これなら俺買うわwwwwwwwwwwwwww 



167以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 01:47:41.51 ID:tVR2JSmyO 
今追いついた。
これは原作超えたなwwww 



171以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 01:56:10.47 ID:EQJMlp7KO 
作者は即興で書いてるのかこれ… 



173以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 01:58:39.05 ID:+RI5fzs9O 
>>171
まあ原作も即興で書いたような感じに見えなくもないけどな 



174以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 02:00:04.53 ID:dsb0Qj/m0 
明らかにこっちの完成度の方が高いだろwwwwww 



175以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 02:00:50.69 ID:p8a+fIHR0 
「ミカ…」

「アヤ!?気がついたか!」

「ミカ…ワタシはもうだめ……
だから……あれをあなたに……」

地面を指差す。そこにはあの草薙の剣があった。

「あれは吸血鬼であるノゾムには触れられない…
だからあれだけは助かった…
ワタシのほうは…もうだめだけど…」

弱々しい脈。息も絶え絶えだ。
それも当然。体はほとんど裂けているような状態。
あたり一面真っ赤に染める血。
生きているほうが不思議なくらいだ。

「アヤ!だいじょうぶ!ワタシが助ける!」

強化の呪術を応用し、手に回復能力を付加する。

ボロボロになったほとんど役割を果たしていない
制服をたくし上げ一番傷の深い腹のところに
手をあてる。

「つっ…」

小さく声をあげるアヤ。 




182以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 02:16:08.98 ID:p8a+fIHR0 
「がまんしろ。すぐ終わる。」

さすがに傷が深いだけあり時間がかかる。
しかし、完全ではないにせよ10分ほどで
傷がふさがる。あとは時間をかけてなおした
ほうがいいだろう。

徐々に上へ。この辺も数分で形だけなら
元通りに戻る。

しかし、胸の辺りに差し掛かったとき…

「…いや」

「え?」

予想外の拒否反応。

「…はずかしい」

以前のアヤならこんなことは言わなかっただろう。
しかし、ノゾムに敗れて弱気になったのか
女の子らしさを取り戻していた。

そう、彼女は自らの強さのみが支えであった。
その支えを折られたいま、心の強さを保ち、
心だけでも男でいられるものか。 





188以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 02:27:56.69 ID:wPYycZyrO 
>>182
この展開は予想外 



190作者は百合好き :2007/11/07(水) 02:30:14.57 ID:p8a+fIHR0 
「だめだ。傷を残したら大変なことになる」

無理矢理ブラジャーのホックをはずす。

「だめぇ!」

しかし、押さえつけ、股間に手を当て撫で回す。

「あぁぁ!?」

声をあげ脱力するアヤ。ワタシだって女だ、女の扱いかたなら
知っている。

おとなしくなったところで胸部に手を当てる。

なんだろう、この気持ちは……
恥ずかしがるアヤを見て可愛いと思ってしまった。

そしてその可愛いと思った相手の乳房が今私の手の中にある。

「アヤ…」

ワタシはアヤの乳房を揉みしだく。

「きゃあ!?」

驚いて声を上げるアヤ。

やっぱり可愛い… 



191以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 02:32:38.95 ID:+RI5fzs9O 
バトル→百合

なんだこの流れはwwwwwwwwww
 



193以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 02:34:08.45 ID:R4X/Tjg90 
こwwwwwwwwれwwwwwwwwはwwwwwwww 



194以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 02:35:12.24 ID:qI8SjQLaO 
この発想は無かったわ こっちを映画化すべきだろwww 



195以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 02:36:04.19 ID:+RI5fzs9O 
>作者は百合好き


知るかwwwwwwwwww 



198以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 02:46:03.24 ID:p8a+fIHR0 
「いやぁ…やめてぇ…」

「ごめんアヤ、それはできない」

今度は乳首に吸い付く。

「ちゅ……」

「あぁぁぁっ!?」

さっきよりも大きな声。夜でだれも
いないのが幸いだった。

「ちゅ…ぺろ…ぴちゅ…」

「だめぇぇ…もうやめて…あんっ!」

揉んでいたほうの手も乳首を弄りはじめる。

「あぁぁ……」

しばらくすると嫌がっていたアヤも快感の
声しか上げなくなっていた。

今度は下を…

ブラジャーと同色のピンクのパンツに
手をかけ少しずつずらしていく… 




199以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 02:47:30.78 ID:+RI5fzs9O 
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお 



201以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 02:50:09.24 ID:wPYycZyrO 
あやwww逃げてぇwwwwww 



207以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 03:00:02.03 ID:p8a+fIHR0 
「だめぇぇ…」

口では言っているが抵抗できない。
もしくは、”しない”のか。

パンツを完全に脱がし、アヤの顔の前へ

「かえ…して……」

息をつきながら言う。

「ワタシにアヤのエッチなところ見せてくれる?
それなら返してあげる」

「そん…な…」

「言えないの?”ワタシのエッチなところ見てください”って」

下着を振り回しながら言う。

「…ワタシのエッチなところ見てください……」

「よく言えたわね。さあ、見せて」 







208以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 03:06:28.10 ID:wPYycZyrO 
この恋空は…流行る! 



209以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 03:08:10.91 ID:+RI5fzs9O 
そろそろヒロとか出てきても面白いかもwwwwww 



210以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 03:10:06.61 ID:Ojuvae7yO 
エロゲじゃねーかwww

恋空もエロゲみたいだったが、こっちの方がクオリティ高須クリニック 



211”女性器”で検索する虚しさはpriceles :2007/11/07(水) 03:14:12.02 ID:p8a+fIHR0 

上半身を壁にもたれかけさせて、開脚させる。

「……」

恥ずかしげに陰裂を開いて見せる。
ピンク色の綺麗なアヤの”内側”……

「きれい……」

それしか言葉が出なかった。

引き寄せられるようにワレメに吸い付く。

「はぁぁ!?」

また一際大きな声を上げる。

ワタシは一心不乱に舐め続ける。
あえて、陰核はさけながら。

「ぺろ…ちゅぱ……ちゅぷ」

「あん!らめぇぇぇぇ!」

そうやって焦らしたあと陰核を舐め上げると
また大きな声を出す。
よほど感じたようだ。 



212以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 03:15:48.20 ID:o73fna/H0 
>>211
取材お疲れ様wwwww 



214以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 03:27:46.53 ID:p8a+fIHR0 
「もうだめぇぇぇ!!イクぅぅぅぅ!!」

アヤがそういった瞬間
潮が噴き出す。

こんな大量に噴き出すなんて…

顔におもいっきりかかった。

「…変な味……」

アヤはしばらく放心状態だった。
その間に濡れてしまった股間を拭いてやり
パンツを履かせる。

目を覚ますまで治療をしておこうと
アヤの後ろに回りまた腹部に手を当てる。

その間、首筋や唇になんどもキスをする。

こんな愛しい存在を傷つけるなんて許せない。

ワタシはノゾムへの復讐を改めて決意した。 



215以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 03:29:16.14 ID:+RI5fzs9O 
面白すぎるwwwwwwwwww
頼む、だれか明日まで保守してくれwwwwwww 



216以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 03:32:04.89 ID:o73fna/H0 
ここで本線に戻ったwwwwwwww 



218以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 03:34:40.63 ID:R4X/Tjg90 
今後の展開が全く読めないwwwwwwwwwwww 



219以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 03:38:02.94 ID:wPYycZyrO 
なんだこれwwwwwwwwwww 



220以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 03:50:26.21 ID:p8a+fIHR0 

それから時は過ぎ夏休み。
あれからノゾムは学校にも現れなかった。

アヤは傷が完治するまで入院し、
二学期には学校に来れるようになるらしい。


『ミカ、これはあなたが持っていて』

『これは…草薙の剣…いいのか?』

『ワタシにはノゾムは倒せない…でもあなたなら!』

『ありがとうアヤ…頂いておく』

アヤから貰った神殺しの剣…これを持ち歩いて
今日も夜の街を彷徨う。

街のはずれにある公園。
ここは以前から怪しいと思っていた。
たびたび魔力の痕跡が見つかったからだ。

どうやら、ワタシの勘は正しかったらしい。

「…誰だ?そこにいるのはわかっているぞ?」

闇が囁く。

「……闇を狩るもの、桜井弘樹」
 



222以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 03:54:46.60 ID:GNmRerF10 
>>220
ヒwwwwwwロwwwwwwwwww 



223もう…ゴールしてもいいよね? :2007/11/07(水) 04:00:33.10 ID:p8a+fIHR0 
「桜井弘樹……」

「ノゾムを探しているんだろう?」

「!!なぜそれを知っている!?」

身構える。

「まて。俺はお前とケンカしようってわけじゃない…
それにケンカになったらどっちが勝つか…」

林の中から鳥が飛び立つ。
しかしすぐに、地に落ちる。

見れば、ナイフが5本、その鳥に突き刺さっていた。

「まさか…!?おまえが…!?」

ありえない。ワタシにも視えない速さで、しかも
5本もナイフを放つなんて…

「くくく……。びびったか?これが俺の力だ…」

「……用件はなんだ?」

「共にノゾムを倒そう」

「!!」 




226以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 04:05:59.93 ID:R4X/Tjg90 
もう6時間たってんだなぁ
ガンガレ! 



227以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 04:07:25.26 ID:lwc5xk5Z0 
おうえんしてるぜ! 



230以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 04:18:14.36 ID:p8a+fIHR0 
「ノゾムは暴れすぎた……ギルドのほうから
討伐要請が出ている。そこで俺が派遣された
わけだ。そして同じ学校、同じクラスに編入し
奴と接触した」

「…なら心あたりはあるのか?」

「ああ……ここから数キロ離れた廃病院…
そこが奴のねぐらだ。そこで魔力を消して
隠れているんだ」

なるほど……ワタシが気づかないのも
そのせいだったのか…
それにしても魔力を完璧に隠せるとは……
おそろしすぎる…

「案内してくれ」

「その前に聞きたいことがある」

「なんだ?」

「覚悟はできているか?」

ニア1、ああ、出来ている。
   2、いや、また明日にしよう。 



231以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 04:21:29.74 ID:9aIE4G36O 
まさかのサウンドノベル形式わろたage 



235以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 04:36:15.70 ID:FYtqkzkUO 
恋空あらすじだけ読んで、こんなのが大ヒットとか日本オワタと思ってたんだが、アレはこの神作品の下手なパクリだったんだな
さすがオリジナル、面白杉だろ 



236もうすこしがんばる :2007/11/07(水) 04:38:02.35 ID:p8a+fIHR0 
「ああ、出来ている」

「ならば…行こうか」

頷き、ヒロの後を追う。

月明かりがふたりを照らす。
これから戦いに向かうには
相応しい演出だ。

ヒロ……この男、信用に値するのか……
いや、目を見たときから判っていた。
ノゾムとは明らかに違う澄んだ瞳。
闇に生きるものとしての非情さを持ちながら、
それと相反するやさしさも持っていた。
その証拠にさっきの鳥を今も抱えている。

「いいものを見せてやろうか?」

ヒロはそういうと立ち止まり、何かを念じはじめた。

光がヒロを包む。するとどうだろう、鳥が命を吹き返し
ヒロの手から飛び立っていった。

「あの鳥程度の質量のものだったら再生することができる。
それが俺のもうひとつの力だ」 





237以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 04:38:34.78 ID:OjG2ZWZe0 
まじかよwwwwwwwww 



238以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 04:40:05.45 ID:R4X/Tjg90 
このスレにリアルタイムでいたことにマジで感檄wwwwwwwwww 



245以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 04:43:18.18 ID:p8a+fIHR0 
「すごい……」

正直な感想が出た。
ワタシには”治療”ならできても
”再生”はできない。

「でもな……ミカ」

「?」

「鳥は生き返らせてもお前は生き返らせない…
だから………………死ぬな」

真剣な眼差しでいう。
なのでワタシはヒロと出会ってから初めての
笑顔で

「ああ。死なない。絶対だ」

そう答えた。 



247以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 04:45:39.98 ID:OjG2ZWZe0 
なんという高速恋愛フラグwwwwwww 



250以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 04:53:35.83 ID:p8a+fIHR0 
「ああ。」

ヒロは頷くとまた歩き出す。
ワタシも無言でヒロについていく。



廃病院につく。
外観はまさに廃病院。崩れ落ちそうな壁、
割られて機能しなくなった窓ガラス、玄関。

「この1階の一番奥にある大広間。そこがやつの居城だ」

ヒロの説明。ならば話は簡単だ。

「突っ込む」

「俺もそう言おうと思ってた」

「ははは」

ふたりで笑いあう。
しかしすぐに真剣な顔に戻る。

「いくぞ!」

ふたりで走り出す。
正面玄関から中へ。 



251以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 04:54:29.27 ID:o73fna/H0 
実に厨くさいwwwwwwwwwww 



252以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 04:55:07.92 ID:DA0UErX8O 
これは・・・ゴクリ・・・ 



255 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 05:02:56.25 ID:p8a+fIHR0 
入ってすぐ左手に階段。
そこから

「があぁぁぁぁぁ!!」

ゾンビが現れ飛びかかってくる。

「ちっ!」

間一髪で避ける。

それからも上の階からウジャウジャと現れるゾンビ達。
ざっと30匹はいるだろう。
あっというまに取り囲まれてしまう。

仕方なしに応戦する。

「くそ!なんだこいつらは!!」

「おそらくノゾムに襲われた人間達だろう!吸血鬼の
得意分野だ!」

「多すぎるぞ!くそっ!ノゾムめ!」

こんなにも人間を襲っていたのか。

…許せない。 





256以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 05:08:12.73 ID:OjG2ZWZe0 
続きが気になって眠れない・・・ 



257以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 05:19:05.95 ID:p8a+fIHR0 
「すまない!!お前たち!どいてくれ!!」

剣先を奴らに向け強化の呪文を付加する。
しかも限界値をこえて。

こうすることによりあふれ出た魔力が波動となり
射出される。強力ではあるが
武器に負担がかかるので脆いものならばすぐに
こわれてしまう。
しかし、この草薙の剣ならば大丈夫だろう。

「はぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

気合を込め、魔力を射出する。
まともにくらえばクジラでも木っ端微塵に
なるだろう。

「うがぁぁぁぁぁぁ!!!」

前に立ちふさがったゾンビたちは塵も残らず消えた。

「ヒロ!急ごう!」

波動砲を目の当たりにして驚いたのだろうか、ぼけっとしている。

「あ…ああ」

若干引いているみたいだった… 



258以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 05:19:52.30 ID:R4X/Tjg90 
いけええええええええええええええええええええ 



259以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 05:34:02.73 ID:p8a+fIHR0 
途中、なんどかゾンビたちに
襲われるが振り切り、ついに
大広間の前へ。

普段は開きっぱなしになっていたであろう
防災扉が閉められている。

「この中にノゾムが…」

「ああ、間違いないだろう。ほんの少しだが
気配を感じる」

気配を察知する事に関してはヒロのほうが
上手のようだ。

「よし、開けるぞ……」

ギィ……
と音を立て扉が開く。
中へ入る。ガラスの破片や観葉植物の枝が床に転がっている。
ソファやイスなどは廃院になるときに片付けられたようで
きれいになくなっていた。

そしてこの四角い部屋のすみに

ノゾムはいた。

「よぉ、ヒロ。なんで電話に出ねんだよ…」 





260以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 05:35:09.12 ID:OjG2ZWZe0 
wktk 



262以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 05:48:41.68 ID:p8a+fIHR0 
「…」

無言。

「それに…ふっ、その女も来たのか。俺に血を吸われに
来たのか、ミカ?」

「おまえを倒しにきた」

剣を構える。ヒロもナイフを取り出し、戦闘態勢に。

「やりあうか…いいだろう、相手をしようじゃないか」

立ち上がり、こちらを見る。

「ミカ…俺が先に行く。俺がもし奴を捕らえられたなら…
さっきの奴を放て」

「なっ!?そんなことをすればヒロ、おまえも!?」

「大丈夫だ。どうにかよける。俺を信じろ」

「でも…!」

ヒロは制止を聞かずノゾムに近づく。

「ふふふ………」

ノゾムは不敵に笑う。 




263以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 05:53:51.51 ID:R4X/Tjg90 
まだだ、まだ寝るわけには・・・ 



264以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 06:03:59.78 ID:OjG2ZWZe0 
出勤の時間が迫ってきた・・・ 



265以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 06:05:04.39 ID:pfIgUN/eO 
気になって寝れない… 



267以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 06:07:29.17 ID:p8a+fIHR0 
瞬間。

ヒロがナイフを放つ。視覚で捕らえられない超高速の
ナイフ投げ。

しかしノゾムはそれをも避けた。

さらにはヒロの懐に入り…

シヴァン・ドライブ
「氷のくちづけ」

呪文を放つ。

「ちっ!!」

ヒロの右腕に冷傷を負わせた。

「さすがの魔力耐性だな。常人なら腕が
飛んでいたのだが…」

再びナイフを投げるヒロ。
今度は5本同時。

しかしノゾムはこれもかわした。

「ふふふ……残念だったな。ほれ、何度かやれば
当たるかも知れんぞ。はははははは!」 




269以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 06:21:23.46 ID:p8a+fIHR0 
広間の中を飛び交うふたり。

「今だ!」

「くっ!?」

わずかに足もとを狂わせたノゾムにヒロが放った
ナイフが命中する。

しかし、決して致命傷ではない。

ヒロが放つナイフは魔力から練成されたもの。
先ほどから100本以上練成しているので
威力も落ちてきているはずだ。
並みの魔術師なら100本もナイフを
練成したら魔力が尽きてしまうだろう。

「すばらしい、ヒロ。おまえと組めば世界征服程度なら
夢でもなかろう。どうだ?」

「答えるまでもない。断る」

その後も何度かナイフは命中するが、ノゾムに傷をつける
程度で勝負は決しない。

ヒロもノゾムの反撃を受け10箇所以上負傷している。

時間の問題か……
ミカは剣を握りしめた。 




271以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 06:23:35.96 ID:OjG2ZWZe0 
魔力から練成してたのかよwwwwwwwww 



270以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 06:21:36.21 ID:3AWQpqL/0 
追いついたwwwwwwwwwww

けど、恋空のパクりじゃね>< 



272以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 06:32:32.64 ID:wPYycZyrO 
>>270
これが原作だぜ? 



273みんなありがとう。俺がんばるよ :2007/11/07(水) 06:34:49.62 ID:p8a+fIHR0 
「はぁ…はぁ…」

ヒロに明らかな疲れがみえる。当然だ、あれだけ
の魔力を使えば体のほうも負担がかかる。

ついにヒロが止まった。

「終わりか?もう少し楽しませてくれるかと思っていたが…」

崩れ落ちるヒロ。

「はぁ…はぁ…ちくしょう…」

「今楽にしてやろう…。
寒き極寒の地の氷の女神よ、我に力を与えたまえ…」

ノゾムが大魔法の詠唱をはじめる。

「でぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

ノゾムに斬りかかるミカ。

避けられる。しかし、魔法もキャンセルされた。

「草薙の剣…それは本当に厄介だ…
今度こそ確実に粉砕してやる」

対峙するふたり。 




274以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 06:38:29.32 ID:R4X/Tjg90 
作者も魔力の使いすぎで身体に負担がかかってんな・・・
ガンガレー! 



275以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 06:38:40.06 ID:pfIgUN/eO 
wktk 



278以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 06:52:26.30 ID:p8a+fIHR0 
「そういえばつい先ほどこういうことを覚えてな…」

ノゾムが手のひらを開いて見せる。

魔力がそこに集結し……

剣が現れた。

「な!?」

禍々しい魔力を帯びたその剣は刃渡り90センチ
近くある大きな剣。

ナイフならまだしも、剣となると並大抵の術者には
練成不可能であろう。

しかもノゾムはその練成もさっきの戦闘中にヒロ
からラーニングした。

恐ろしい…。だが次の言葉を聞いてさらに驚愕する。

       ラグナロク
「どうかね、神々の黄昏は?」 




279以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 06:53:28.42 ID:nSxKljlq0 
>>278
黄昏wwww 



280以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 06:55:50.27 ID:R4X/Tjg90 
この作者はwktkをやめさせないwwwwwwwwwwww 



281以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 06:55:50.08 ID:GulD0C680 
黄昏きたwwww

最 終 血 戦 



282以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 06:56:36.17 ID:wPYycZyrO 
超展開wwwwwwwww 



285以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 07:03:59.80 ID:p8a+fIHR0 
「なに!?」

ラグナロク
神々の黄昏……!!

遥か昔にひとつの次元を破壊した
あの伝説の魔剣!
”神殺しの剣”の中でも最も有名な剣
であり、最も多くの神を殺したとされる剣……

そんなものを練成するなんて、それこそ神の
領域だ。
吸血鬼の真祖となればこんなことまでできるのか…

「…」

いやな汗が額を伝う。

「驚いたか、俺の力に?ははははは!
俺に歯向かったことを後悔するがいい!!」

ノゾムが一気に間合いを詰める。

「くっ!」

剣を刃で受けてかわすが、その瞬間、ラグナロクの魔力が
ミカを吹き飛ばす。 

「くはっ!?」 



288以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 07:17:43.49 ID:p8a+fIHR0 
少量ではあるが吐血する。

何とか立ち上がり体勢を立て直す。

むこうが魔力ならこちらも魔力。

草薙の剣に魔力を限界まで注ぎ込む。

「無駄だ!!」

ノゾムが切りかかる。

衝撃を最小限に抑えるために1歩前へ出て受ける。
二つの剣から魔力の火花が飛び散る。

「ほう……やるな」

「魔力によって強化された草薙の剣を見くびるな」

お互い離れ、距離をとり……

刹那。

後ろへ飛んだミカが着地の勢いをバネに、ノゾムに詰め寄る。

「なにっ!?」

不意を突かれ、防御の体勢がとれていない。

「ぐっ!?」 



289以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 07:17:54.99 ID:+RI5fzs9O 
さっき恋空のCM流れたとき
「マスターオブパペッツ!」思い出して吹いたwwww 




290以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 07:21:47.74 ID:WeGJGDsyO 
妹に偽恋空の映画に誘われてるんだが…
原作の映画化はまだですか? 



291以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 07:29:54.62 ID:p8a+fIHR0 
上半身を翻したために、顔かすった程度。

「ちっ!」

「………」

”神殺しの剣”を受けた魔族や神は二度とその傷は
治ることはない。たとえ、不死身の吸血鬼の真祖だとしても。

「きさまぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!」

ノゾムが咆える。

「よくもこの俺に傷を!!!!!!!!!」

突進してくるノゾム。
なんとか受けるが、すぐに弾き飛ばされる。

「がはっ!!」

今度は脳が何度も揺れるほどの衝撃。
しばらく立ち上がれそうにない。

「つっ……」

「おまえにも味あわせてやろうか!?一生続く苦しみを!!」

「……」 





293以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 07:31:53.15 ID:+RI5fzs9O 
作者のタフネスぶりに嫉妬wwwwwww 



297以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 07:39:19.33 ID:R4X/Tjg90 
もう9時間たってんのか・・・ 



300以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 07:45:29.24 ID:p8a+fIHR0 
「俺が今から使う呪文は体の中に氷とともに
猛毒を送り込む呪文……一度この呪文を喰らえば
微粒の氷が解けるたび、毒が流れ出す…
そうして体を徐々に蝕まれていくんだよ!どうだ!?
こわいか!?こわいだろう!?
これも俺に歯向かった代償だ!!!!!!」

だめだ……よけられない……

「寒き極寒の地の氷の女神よ、我に力を与えたまえ…
言葉は呪詛…呪詛は氷粒…」

呪文の詠唱をはじめる。

終わった…

「身を蝕みし氷の杯よ…今呪いとなり我が怨敵を滅さん…」

ノゾムの腕がミカの首に伸びる………

 パンデモニウム
「侵食する氷城!!」

魔力がほとばしる。

だがそのとき

ミカの上にヒロが覆いかぶさってきた。 



302以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 07:47:12.91 ID:GulD0C680 
パwwwンwwwデwwwモwwwニwwwウwwwム 



303以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 07:47:19.94 ID:XqJMZQnj0 
ヒロらめええええええええええええええ 



309以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 08:00:47.21 ID:p8a+fIHR0 
「ヒロ!!」

ヒロの体にノゾムの手が触れる。

瞬間。

禍々しい光がノゾムの手からヒロの体へ。

「うぐ!!!」

数秒間点滅を繰り返しながらヒロの体を
駆け巡る。

「ヒロォォォォォォォ!!!」

ヒロが意識を失う。

そして





ミカの魔眼が発動する。 





311以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 08:02:09.34 ID:GulD0C680 
やっと魔眼キタ――――――――――!!! 



312以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 08:02:13.26 ID:oL9cLLd9O 
魔眼ktkr! 



313以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 08:02:19.33 ID:WsY1RgCLO 
魔wwwww眼wwwwwきたwwwww 



307以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 08:00:14.79 ID:GulD0C680 
しかし筆者何歳なんだろ。
結構歳食ってると予想してるんだが… 



321>>307 19です :2007/11/07(水) 08:13:39.80 ID:p8a+fIHR0 
「なっ!?」

ミカの瞳に紅い光が灯る。


ミカの魔眼は特殊中の特殊である。

ひとつ、トリガー発動型。集中すれば、魔力が
高まれば発動できるほかの魔眼とは違い、発動に
ある条件が必要である。
この条件とは『怒りが頂点に達したとき』である。

ふたつ、両目とも魔眼である。両目とも魔眼と
いうのは人間の体の限界からして不可能なはず
であるが、ミカは世界でただひとり、両目とも
魔眼を持つ人物なのだ。

「……」

無言のままノゾムをにらむミカ。

刹那、

視えない力によってノゾムが吹き飛ばされた。

斬られた衝撃によって吹き飛んだのだ。

「ぐはぁぁぁぁああ!?」 




323以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 08:14:47.07 ID:kk/viHOwO 
やっと追い付いたら魔眼ktkr 



330以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 08:35:05.94 ID:p8a+fIHR0 
今まで上げたことのないような声を上げるノゾム。

「あああああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああ!!!」


体をナナメに走る傷口。

吹き出る血液。

「ちくしょう・・・!くそおおおおおおおおおおおおおおお!!!」

剣を構え、突っ込むノゾム。
しかしもうそこにミカはいない。

後ろから首元に刃が置かれる。

「ワタシの魔眼の能力のひとつ…戦闘能力の半恒久的上昇…
おまえ程度なら軽く殺れるぞ?」

冷たく言い放つ。

「最後に聞きたい…さっきの呪いを解く方法は?」

「そんなものはない…体内に埋められたなら最期だ…」

「そうか。死で償え」 





331以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 08:36:18.99 ID:GulD0C680 
おお、ちゃんとヒロ死ぬのな。 



332以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 08:39:40.97 ID:j/FKeykGO 
追い付いた
なんという邪気眼wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 



336以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 08:51:01.75 ID:p8a+fIHR0 
ミカが首を落とそうと剣を振りかぶった瞬間、
ノゾムがほぼ間合いのない後ろ蹴りを放つ。

「おらぁ!!」

「ちっ」

今のミカなら簡単に避けられる。

「ふふふ……俺は最強なんだよ…
負けられねえんだよ…」

「……時間の無駄だ」

「うるせえ!ぶっ殺してやるよ!
はああああああああああああ!!」

ラグナロクの形がなくなり、強大な魔力の
塊となった。

「! ラグナロクを触媒にして大魔法を放つ
つもりか!!」

奴の魔力とラグナロクの魔力、それが合わされば
半径10キロはゆうに吹き飛ぶ。

「寒き極寒の地の氷の女神よ、我に力を与えたまえ…
言葉は氷柱、氷柱は剣…身を貫きし氷の刃よ、今嵐となり我が障壁を壊さん…」 





341以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 09:05:52.40 ID:rtLh3BXK0 
最近話題の恋空がVIPでバカにされているだろうと思ってたらこんなことに>< 



343以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 09:12:23.68 ID:p8a+fIHR0 
「ならばワタシも使うぞ…もうひとつの魔眼を」

魔方陣をイメージする。

その魔方陣は『無』

その魔方陣は『すべて』

その魔方陣は『世界』であり、『黄泉』であり
『地獄』であり、『天国』である。

この全てをイメージする。

          バッテリー
一つ目の魔眼『はじまりの序曲』の能力で
スムーズにイメージされる。

目を開ける。

エターナルフォースブリザード
「永遠力暴風雪!!!!!!!」

「魔眼発動!!」

これで終わりだ。

フェイド・トゥ・ブラック
「世界の終わり!!!」 




347以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 09:25:14.26 ID:p8a+fIHR0 
強烈な吹雪と魔力の塊がぶつかり合う。

エターナルフォースブリザードは包みこむように
破壊を行うが、
フェイド・トゥ・ブラックは膨張しながら破壊する。

相反しあうこのふたつの魔力のぶつかり合いは
時が経つのに比例して大きくなってくる。

「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!」

お互いが全ての魔力を賭す。


「くっ……」

ノゾムの魔力が若干弱まる。

その隙を突き、一気に畳み掛けるように
魔力を注ぎ込む。

「く…くそおおおおおおおおおおおおお!!
この俺があああああああああああああああああああ!!」


光があたりに満ちる。
ふりそそぐ、雪。
それは戦いの終わりを告げていた。 



349以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 09:35:15.32 ID:NsTkC0HS0 
終わるwwwwwwwwwwww 



350以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 09:37:06.10 ID:SKiurqarO 
追いついたwwこれは近年まれにみる傑作www 




352以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 09:38:57.18 ID:p8a+fIHR0 
「終わった…」

こうしてミカの戦いは終わった。

「う…くっ…」

「ヒロ!!」

ヒロの意識が戻ったようだ。
すぐさま駆け寄る。

「大丈夫か!?ヒロ!」

「ああ…ノゾムは…倒したのか?」

「ああ…でもヒロが…」

「仕方ない。おまえが無事ならそれでいい。」

「でもワタシのせいで…」

「…すまないと思ってるなら普通の女の子に戻れ」

「え?」

「戦いは終わったんだ…もう敵はいないだろう。
なら、戦いなんかやめて普通の女の子に戻るんだ。」

「ワタシははじめからこうだった…
アヤとは…違う…」 



354以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 09:42:34.00 ID:klw/AtLMO 
なぜか
ミカ 草薙京
ノゾム オロチ
で再生される 



355以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 09:48:09.02 ID:oL9cLLd9O 
>>354
途中の「俺がもし奴を~さっきの奴を放て」で97の三種の神器チームエンドが思い浮かばなかったか? 



356以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 09:51:53.51 ID:klw/AtLMO 
>>355
俺もそこ思い浮かんだわ 



359もうちょっとだけ続くんじゃ! :2007/11/07(水) 09:53:17.78 ID:p8a+fIHR0 
「なら…これから変わればいい…」

「変わる?」

「そのほうがいいに決まってる。
おまえは…その…可愛いし…」

「ヒロ……」

「後先短い人生だからな。おまえの
女の子らしいところたくさん見せてくれよ」

「……ああ」

「『ああ』じゃねえよ」

「ははは……うん」

そうしてふたりは決戦の地を
後にした。

これから、もっと大きな過酷が
待ち受けている。
それは判りきっていることだった。

だが、ふたりの手には希望があった。
それを抱きしめて歩いていこうと
朝日を浴びながらふたりは思った。 



360以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 09:57:35.34 ID:GulD0C680
この原作からあれを書くとはスイーツ脳は凄いな…… 



361以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 09:58:14.14 ID:NsTkC0HS0 
どこをどう改悪すればこの名作があんな駄作に… 



348以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 09:34:47.67 ID:OVZU8jYhO 
お前洋楽好きだろwwwwwwwwwwマスパペバテリフェイブラwwwwwwwwww 



363>>348 もちろん :2007/11/07(水) 10:07:08.82 ID:p8a+fIHR0 

……
………
月日は流れ、大学生になったミカとヒロ。

「おーい!ヒロ!見舞いにきたぞ!」

「ああ、サンキュー」

あれからヒロはしばらくは普通の生活が出来てはいた。
しかし、ノゾムの呪いが進行してしまい、今は病院での
生活を強いられている。

そんなヒロの姿を見るたび胸が痛む。
しかし、そんな顔は見せてはいけないと
いつもワタシは笑顔で接していた。

「そんな大声出さんでもわかる。それに病院なんだから
静かにしろ」

「ごめん」

いいながらドアを閉める。

ヒロの病室は個室である。
ここはお偉いさんか金持ちか……


末期患者しか入れない。 



364以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 10:07:47.60 ID:dQbkryPX0 
これがあの恋空(笑)の原作だったのか…
初めて知ったわ
どう見てもこっちの方が良作なのになんで映画化されないんだ? 



366以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 10:09:39.28 ID:GulD0C680 
続きキタコレ!!!

これは…… 



368以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 10:17:45.16 ID:p8a+fIHR0 
訂正

× そんな大声~
○ でもそんな大声~

--------------------------------------------------

「今日はリンゴ持ってきた」

「サンキュー」

「剥いてあげよう」

ヒロに教わった魔力練成を使いナイフを形成する。

「なにもそんなことしなくってもそこに包丁が
あるだろう」

「そうだけど…ヒロに見てもらいたかったから…」

ワタシとヒロの共通の思い出…それをなんども
思い出して、忘れないように…

「…そうか」

「うん」

ザリ・・・ザリ・・・

リンゴの皮を剥く音だけが個室にしばらく響く。
 



369以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 10:18:22.10 ID:qPyNnmRwO 
2000万人が涙したのって、こっちの原作の方だろ? 



367以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 10:13:13.01 ID:NsTkC0HS0 
てか寝てないだろ、お前
大丈夫か? 



375>>367 しばらく暇人だから大丈夫 :2007/11/07(水) 10:29:17.92 ID:p8a+fIHR0 
「おまえ…リンゴ剥くのうまくなったよな」

「ん?ははは、最初はリンゴの大きさが
半分くらいになったりしたものな」

自分で言うのもなんだが確かにうまくなった。
ヒロが言ったとおり、人は変われるものだ。
口調は相変わらず男っぽいところも残っているが。

「できたぞ」

「ああ」

ヒロがひとつつまみ

「…ホント、うまくなったな」

しげしげと見つめている。
こんどはうさぎにでもしてみようか。
ビックリしすぎて窓から飛び出ていってしまうのでは
ないか。

その様を創造してふふふ、と笑ってしまう。

「うん…うまい」

「そうかよかった」

本当によかった。いい笑顔のヒロを見て
そう思う。 



377以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 10:31:05.25 ID:GulD0C680 
ほのぼのしてるところで、そろそろ次の邪気眼出現か?? 



379以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 10:36:33.10 ID:ROWYbg5f0 
アヤ乱入で三角関係地獄にイッピョウ 



380以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 10:38:01.34 ID:mIBOn6XqO 
この美嘉なら好きになれるwwww 



382登場人物の年齢は全員18歳以上です :2007/11/07(水) 10:39:00.29 ID:p8a+fIHR0 
あっという間に食べ終わる。

「ありがとう。うまかったぜ」

ヒロが親指を立てる。

「うん」

ワタシも親指を立てる。

こんな他愛のない出来事が、日々が…
それはそれは幸せなんだとワタシは思う。



給湯室で皿を洗い戻ってくる。

「ねえヒロ?他に食べたいものとかない?」

棚に皿を戻しながら何気なしに聞く。

「そうだな…」

「うんうん」

「おまえが…食べたい」

「な!?」

皿を落としそうになる。 



384以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 10:39:54.90 ID:GulD0C680 
あれ?


うわあああああああぬあああああああああああるああああああぽあ!!!!! 



388以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 10:48:06.40 ID:/74G736x0 
恋空は見たくもないがこれは是非映画館で見たいww 



391登場人物の年齢は全員18歳以上です :2007/11/07(水) 10:53:15.38 ID:p8a+fIHR0 


「な、なにを言っている!?」

「イヤか?」

「イヤ…ではないけど…時と場所というものが…」

「ここなら鍵閉められるし周りは空き部屋だ、大丈夫」

「……しかたがない」

というわけで、ヒロの上に跨る。
パジャマのボタンをひとつずつはずす。
ぎこちないながらも全部はずした。

ひろの上半身が露になる。

緊張しながら舌の先で乳首を舐める。

「あっ…」

快感の声を発するヒロ。

そのまま下へ、下へ、下へ…… 




394以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 10:57:29.05 ID:VqYR+75fO 
テラ官能wwwwwwww 



395以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 11:04:29.69 ID:p8a+fIHR0 
ズボンの両端をつかみ
下へ降ろす。
肉棒はもうすでに完全に勃起していた。

トランクスは脱がさず、その上から
肉棒を擦り上げる。

「う…ああ……」

またも声を上げるヒロ。

「焦らすなよ……」

「うん…じゃあ…」

トランクスを下ろし、下半身も生まれたままの
姿になる。

「ん…ちゅぷ…」

肉棒を口を使って擦りあげる。

「はぁ…!……ミカ…足は……こっちだ…」

「え?あ…うん…」

シックスナインの体勢になり、肉棒を
舐め続ける。

「ん…ぷはぁ……ん……」 



397以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 11:06:25.98 ID:+RI5fzs9O 
そろそろ12時間になるぞwwwwww作者すげえ 



398以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 11:08:21.13 ID:qI8SjQLaO 
>>397
そういや大分たつよなwwwすげえw 



399以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2007/11/07(水) 11:08:22.35 ID:/74G736x0 
作者ネ申すぐるwwwww 



402>>396 >>397 半ニートだから :2007/11/07(水) 11:19:39.63 ID:p8a+fIHR0 
「う……」

ヒロがワタシのパンツをつかみ、膝のあたりまで下ろす。
ワタシはうまくいかないらしいヒロのために両足を1度
狭める。
今度はうまくいったらしい。

ヒロがワタシの陰部に口をつけた。

「ひゃっ!?」

思っていた以上の快感に声を上げる。

「あん!……はぁ…はぁ…ちゅぷ…ちゅぱ…」

数分もしないうちに息が上がってくる。
そのあいだもフェラチオをやめなかった。

「ミカ…もうダメだ…イクッ…!」

「うん…あん!ワタシも…
いっしょに逝こう…?」

そう言ってワタシがフェラチオのスピードを上げたとき
口内に液体が吐き出された。

「!?????」

同時にワタシの陰部からも潮が噴き出した。 



403以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 11:21:35.09 ID:SaqpSAQxO 
おいついた

何だこれwww
VIPには埋もれた才能が多くて困るwwwww 



408以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 11:27:00.29 ID:zXMzSfuv0 
    ___
   ,;f     ヽ
  i:         i
  |         |
  |        |  ///;ト,
  |    ^  ^ ) ////゙l゙l;   おお!なんという官能小説スレ
  (.  >ノ(、_, )ヽ、} l   .i .! |       ありがたやありがたや
  ,,∧ヽ !-=ニ=- | │   | .|
/\..\\`ニニ´ !, {   .ノ.ノ
/  \ \ ̄ ̄ ̄../   / .| 



409以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 11:29:20.70 ID:GKq5wx0Z0 
このスレまだ落ちてなかったのかよwww

作者乙
wktkしながら待ってるわ 



411登場人物の年齢は全員18歳以上です :2007/11/07(水) 11:29:56.61 ID:p8a+fIHR0 
「はぁ…はぁ・・・」

お互い、息が荒い。

ワタシが事の最中閉じられていた
窓を開ける。

はあ…涼しい…

そのとき、後ろからヒロが抱きしめてきた。

「ちょっと…ベットから起きちゃだめでしょ」

「ごめん、もうがまんできない」

「へ?な!?」

押し倒される。

「ちょ!?待って!!」

制止も聞かず、ブラウスのボタンを
はずし始める。
ほんの数秒で全てはずされ、白い下着が
露になる。 



414以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 11:34:11.96 ID:UNrX3ggHO 
追いついたwww作者がんばれwwww 



417登場人物の年齢は全員18歳以上です :2007/11/07(水) 11:41:08.49 ID:p8a+fIHR0 
>>1-1000
お前らがいなかったらここまで書けねえよw

---------------------------------------------------------------------

「いや・・・!」

ブラジャーの上から乳首を触られ
悶える。

抵抗できないままブラジャーのホック
が外され、ヒロの目の前に胸を晒すことになる。

「あ…あん…いや…あん!」

乳首を焦らしたり、責めたりを繰り返す。

「ちゅ…」

「あぁぁぁぁ!らめぇぇぇぇ」

乳首を吸われて快感が押し上げてくる。

もう…すべて委ねてしまおう…

そう思うくらいの凄まじい快感…… 




418以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 11:42:36.73 ID:JbIrH2rh0 
>らめぇぇぇぇ
吹いたwwwww 



419以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 11:45:58.05 ID:GulD0C680 
らめぇぇぇぇぇ かよwwwww
ヒロのエロ魔術炸裂すんのかな 



412以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 11:30:19.41 ID:3VZIkXVEO 
追いついたwww

これで同い年同じ半ニートとか泣けてくる…
すげえよ作者! 



413以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 11:31:32.12 ID:GulD0C680 
官能√入ってから速度が上がってる気がするwww 



416以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 11:40:06.47 ID:oL9cLLd9O 
テニスしてきた


これ、下手だけど描きたくなってきた
二次創作の邪気眼バトルも書きたくなってきた 



425登場人物の年齢は全員18歳以上です :2007/11/07(水) 11:50:55.60 ID:p8a+fIHR0 
>>412
プロットさえ出来てれば結構筆が進むもんだよ。

>>413
どう考えても上がってるwww

>>416
ぜひやってみてくれ!

-----------------------------------------------------------------------

「ミカ……入れていい?」

「うん…いいよ…ヒロなら…」

ヒロがスカートを下ろす。
また陰部が露になる。

そしてそこにヒロが自分のモノを
あてがった。

「……」

緊張している…声が出ない…

肉棒がワタシのソコに挿入された。

…あ、入ってきた。
最初の感想はこれだけ。だが…… 




426以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 11:52:05.02 ID:R+xzEPJr0 
ミカがクーデレで萌えるwwwwwwww 



430登場人物の年齢は全員18歳以上です :2007/11/07(水) 12:04:35.91 ID:p8a+fIHR0 
いや、たぶんエロシーンなら何も考えないで書けるんだ。
ストーリーになると余計なこと考えるから遅くなるんだよ。
うん、オレはエロくないエロくない…

--------------------------------------------------------------------

「ああぁぁぁぁぁぁぁん!?」

ピストン運動が開始されると一気にまた快感が……

「あん!あ、あ、あ、あん!」

リズムに合わせ、声が漏れる。

「ミカ…逝くよ……」

「うん…あん!あぁぁぁぁぁぁ!?」

膣内に液体が放出される。
適度な粘度を持ったその液体は
膣壁にまとわりつく。

「はぁ…はぁ…あったかい…・・・」

ワタシは放心状態になって
ただ天井を見つめていた。 






431以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 12:07:47.12 ID:oL9cLLd9O 
ちょwwwwwwヒロ早いwwwwww 



432以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 12:10:26.16 ID:GulD0C680 
ヒロ、中だしはダメだよ!! 



434以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 12:16:27.79 ID:p8a+fIHR0 
三三\     /三
三三三\   /三三
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       作者が詰まったため
 Nice boat.  ~~~             しばらくの間 Nice boatを
        ~~~~                お楽しみください。
   _ィ†N==ュ_  ~~~
  /互巫乢/"/| ~~
  Lェェェェェイ"/ |彡~
  「ロロロロロロロイ"/|彡
 ∥ ̄ ̄ ̄7/ /彡
 ∥===/ /彡
`ミ\j_/ /彡
 ミヽ__/彡
  ミ 彡
 





435以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 12:17:20.53 ID:GulD0C680 
ちょwwwww 



437以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 12:23:23.30 ID:ROWYbg5f0 
官能ルート終わったとたんに詰まるとは正直だなwwwwwwwwwwwwwwwwww 



438以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 12:25:37.68 ID:+RI5fzs9O 
作者頑張れwwwwwwwwww 





恋空オフィシャルフォトドブック -新垣結衣as美嘉- (TOKYO NEWS MOOK) (TOKYO NEWS MOOK)
恋空オフィシャルフォトドブック -新垣結衣as美嘉- (TOKYO NEWS MOOK) (TOKYO NEWS MOOK)
東京ニュース通信社 2007-10-19
売り上げランキング : 218

おすすめ平均 star
starはやくDVDを予約させてください

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




続きます


スポンサーサイト
[PR]

[ 2007/11/08(木) 06:36:39] | | CM(30) | TB(0) このエントリーを含むはてなブックマーク
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前:愛のF速戦士 投稿日:2007/11/08(木) 06:54:43
    これはいいwwwwwwww
    映画化キボン


  2. 名前:VIPPERな名無しさん 投稿日:2007/11/08(木) 07:11:16
    いい意味での原作レイプ


  3. 名前:VIPPERな名無しさん 投稿日:2007/11/08(木) 07:33:07
    スレタイ通りの展開だなwwww


  4. 名前:愛のF速戦士 投稿日:2007/11/08(木) 08:19:04
    技名にメタリカの曲が多いwwwwww


  5. 名前:VIPPERな名無しさん 投稿日:2007/11/08(木) 08:36:12
    NICE JAKI-GAN.


  6. 名前:VIPPERな名無しさん 投稿日:2007/11/08(木) 10:01:28
    この展開は吹いたwww
    ある意味恋空に感謝してしまう


  7. 名前:名無し!! 投稿日:2007/11/08(木) 10:18:02
    百合は・・・百合はもうないの!?


  8. 名前:愛のF速戦士 投稿日:2007/11/08(木) 10:28:04
    これは期待wwww


  9. 名前:VIPPERな名無しさん 投稿日:2007/11/08(木) 10:40:04
    携帯小説と同レベル、いやそれ以下なのに
    たのしそうだな。馬鹿女が妊娠DQNレイプならオマエらはこれか
    かわいそう


  10. 名前:VIPPERな名無しさん 投稿日:2007/11/08(木) 10:51:33
    米6711
    お前は何をいっているんだ・・・?


  11. 名前:VIPPERな名無しさん 投稿日:2007/11/08(木) 11:00:51
    なんだかんだいって、みんな恋空大好きなんだな


  12. 名前:   投稿日:2007/11/08(木) 11:01:08
    すげえよこれすげよこれ


  13. 名前:名無し!! 投稿日:2007/11/08(木) 11:17:42
    奈須きのこ風で吹いた


  14. 名前:愛のF速戦士 投稿日:2007/11/08(木) 13:09:16
    ※6711
    これ内容自体は三文ラノベだけど、この短時間にそこそこのプロットと表現力で
    邪鬼眼的な厨設定を散らしつつリアルタイムで描き続けてるという点に
    皆興奮して喜んでるんだぞ?
    まさか純粋に「内容」を褒め称えてると思った?
    だとしたらお前はスイーツ(笑)脳と同レベルのオツムだ。


  15. 名前:VIPPERな名無しさん 投稿日:2007/11/08(木) 13:48:27
    米6711の低脳さに全世界驚愕


  16. 名前:名無し!! 投稿日:2007/11/08(木) 13:53:45
    結構おまえら恋空読んでるんだなwww


  17. 名前:VIPPERな名無しさん 投稿日:2007/11/08(木) 13:57:51
    誰も月厨乙と言わない辺り住人空気読めてるな


  18. 名前:愛のF速戦士 投稿日:2007/11/08(木) 14:02:43
    ※6718
    激しく同意www


  19. 名前:愛のF速戦士 投稿日:2007/11/08(木) 14:56:36
    Nice black-chronicle. 


  20. 名前:愛のF速戦士 投稿日:2007/11/08(木) 15:00:03
    いや、きのこなら、ダッシュ(――)とか多用するだろ
    動詞とかにも特殊な漢字を当てたり
    これはただ厨なだけ、と月厨が弁明


  21. 名前:名無し!! 投稿日:2007/11/08(木) 17:08:22
    最後の方のミカ、蔵の智代の声で脳内再生されるw


  22. 名前:愛のF速戦士 投稿日:2007/11/08(木) 21:21:09
    それがないとそれがないとそれがないとそれがないと
    それがないとそれがないとそれがないとそれがないと
    それがないとそれがないとそれがないとそれがないと
    それがないとそれがないとそれがないとそれがないと
    それがないとそれがないとそれがないとそれがないと
    それがないとそれがないとそれがないとそれがないと
    それがないとそれがないとそれがないとそれがないと
    それがないとそれがないとそれがないとそれがないと
    それがないとそれがないとそれがないとそれがないと
    それがないとそれがないとそれがないとそれがないと
    それがないとそれがないとそれがないとそれがないと
    それがないとそれがないとそれがないとそれがないと
    それがないとそれがないとそれがないとそれがないと
    それがないとそれがないとそれがないとそれがないと
    それがないとそれがないとそれがないとそれがないと
    それがないとそれがないとそれがないとそれがないと
    それがないとそれがないとそれがないとそれがないと
    それがないとそれがないとそれがないとそれがないと
    それがないとそれがないとそれがないとそれがないと
    それがないとそれがないとそれがないとそれがないと


  23. 名前:名無し 投稿日:2007/11/08(木) 21:27:02
    ※6735
    俺まで智代で再生するようになったじゃねーかw


  24. 名前:愛のF速戦士 投稿日:2007/11/08(木) 22:54:40
    恋空になくてはならないことだろ


  25. 名前:VIPPERな名無しさん 投稿日:2007/11/08(木) 23:54:57
    今、恋空読もうとしたら前は普通に読めたのに
    ただいまサーバーが混み合っています。しばらくしてから実行してください。
    とかなってるじゃねえかw
    お前ら読みすぎw


  26. 名前:VIPPERな名無しさん 投稿日:2007/11/09(金) 01:31:47
    ※6718
    激しく同意www


  27. 名前:愛のF速戦士 投稿日:2007/11/11(日) 22:47:48
    ※6735
    ちょwww俺まで影響されたじゃねーかwww


  28. 名前:名無し!! 投稿日:2007/11/18(日) 13:38:26
    男口調の女、病院、死が近い恋人っつったら智代アフターしかねえじゃねーか
    多分ミカは最後夕陽に向かって佇んで終わりだ


  29. 名前:愛のF速戦士 投稿日:2007/11/20(火) 23:55:40
    世界をまた塗りかえてみせるよ


  30. 名前:あの女 投稿日:2007/12/09(日) 10:46:59
    恋空(レンクウ)
    なんてどうだ


コメントを投稿する
Comment:

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fsokuvip.blog101.fc2.com/tb.php/251-c19621cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
当ブログについて

2ちゃんねるガイド
2ちゃんねるって?
当ブログについて
ブログの説明はこちら
メール
ご意見要望はこちら

非モテSNS


リンク

・2ちゃんねる
【2ch】日刊スレッドガイド
2ちゃんねるまとめるまとめ
ムズ痒いブログ
引いた瞬間、冷めた瞬間
亀だけど
コピペ馬鹿 ~創造力の欠如~
2ちゃん競馬情報ニュース
ニュー速VIP底辺。・゚・(ノД`)・゚・。
TYPE-2
家族からのメール
2chコピペ保存道場
(゚∀゚)ゞカガクニュース隊
ああ、昔にもどりたい 
コピペ新聞
2ちゃんねるチップス
オカルト板もぐり
やる夫観察日記
芸スポまとめblog
ぬこ速
わんこと
僕的DQN
リフレクス

・ν速系
ニュース速報アワーズ
痛いニュース(ノ∀`)
Power2ch
2chスポーツニュースナビ
ニュースウォッチ2ちゃんねる
ただニュース速報
ぺぺねた。
東京エスノ
何でもありんす
痛ニュー速報!
常識的に考えた
【2ch】ネタちゃんねる m9( ゚д゚)っ
ソースあんならすぐ出せ ~ロリコンは正義~
ニュース速報++
乙女の文華社 (^-^)::
千年後の君へ
2ちゃん的韓国ニュース
うるさい黙れ(゚д゚ )
JK VIP
特設ニュースちゃんねる
ニダー速報
ニュー投
中の人
うらやましからん

・VIP系
:⊂⌒⊃。Д。)⊃カジ速
イミフwwwうはwwwwおkwwww
神速(´・ω・)VIP
豚速(`・∞・´)
ニュー速VIPブログ3
After
==== かそログ ⊂二二二( ^ω^)二⊃
カナ速
カゼタカ2ブログch
ぷん太のにゅーす
おはようwwwお前らwwwwwwww
スチーム速報 VIP
働くモノニュース 人生VIP職人ナビwww
無題のドキュメント
のとーりあす
このごろ2ちゃんねる
ベア速
ハムスター速報 2ろぐ
クソスレドンキーノ
アルカン速報
VIPワイドガイド
ゴールデンタイムズ速報
たま速報
キラ速-KIRA☆SOKU-
アフォBlog
やる夫ブログ
V速ニュップ- 安価で作った2chブログ
ぶる速-VIP
ささやかな楽しみ
あんそく
暇人\(^o^)/速報
今日のVIP
ワラノート
ニコニコVIP2ch
いみじき2ちゃんねる
茶速

・動画系
ニコニコ⊂('・c_,・` )二⊃ブンw
WINZのYouTubeお勧め動画
ハプニング動画王国
はっぴぺ通信2
趣味は無料ゲーム
YouTube動画?おもしろメディアBOX
はぅわ!
ニコニコ(nikoniko)動画面白研究所
tarasukoの超動画サイト
ゲーム動画攻略サイト みやのブログ
ニコニコ倶楽部
ニコニコ動画のブログ-猫飯-
気まぐれ運動動画
◆みんなで見よう!Youtube と ニコニコ動画◆
すごいぞYouTube!!-ゲーム動画-
ゲームどぅんがぁ
◆たらすこの部屋
ゲームミュージアム
YouTube Turbo
ろばブロ@YOUTUBE
Animal Tube
ようつべ(YouTube)TV
YouTube動画スポット
COOLなニュース
かぼちゃっくす
笑・笑・動画
Over Enjoy Game Movie!!+α~芸夢厨~
ゲーム動画極み
やむやんのゲームいろいろ動画ですよ
厳選動画の1000mg
宵闇の森
お笑い動画チャンネル
ゲーム動画で、まったりとwww
YouTube+ニコ動
You Tubeで動画三昧!
★Youtubeアニwiki★

・その他
神爆笑.com
残虐な天使の涙
ヤフオクウォッチ
NET裏技専門店
padaraのPSPとPS3と…
ぬるぽなのはいけないと思います
くまニュース
ニュー速最後の良心ブログ
News人
KAN GAMER
Lucky Tools
PSP激裏活用法
デュークの小部屋
Tublog -日本語で桶
Abyssal Tools
おもしろゲームフラッシュ集
アイドルゴシップクリッピング
芸能界の裏の顔
ニュースレ倉庫
二十歳街道まっしぐら
ニュースいろいろ速報
マニタメBLOG
宝物-ネットで拾ったニュースとかエロネタとか-
激安特価板ブログ
New discovery
TOOL THE BEST!.com
同人エロクオ
気ままなゲーム情報ブログ-ものろぐ
ぱるぷんてにゅーす
ぱるぷんてにゅーす
デジログ 面白動画
能登りあす
ニュース What's new!
おもしろいもの見つけた゜+.(・∀・)゜+.
カオスな情報置場

フリーエリア

カレンダー

逆アクセスランキング

アクセスランキングブログパーツ

おすすめ商品








検索

WWW検索 F速内

フィギュア

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。